珊内川~珊内岳

P723.jpg

前泊地より鉞山を眺めながら一杯やる。翌日は日帰りで珊内岳だ
sc000_2016072523450505f.jpg
朝4時頃釣り人の車が入っていった。遅れること5時過ぎに第一マッカ橋より入渓する

sc001_201607252344591b4.jpg
スサノ沢出合いまでは小滝くらいで通過する。その先の10m位の滝で高巻く。

sc002_201607252345103e2.jpg
その後は小滝やナメが出てくる。

sc003_20160725234503e98.jpg
そしてこの沢の核心と言えるゴルジュだがもちろん中を行く。しかし水圧が強くて押し戻され進めない。
ハンマーやら金物が重いのかと外して再度アタックするがやはり押し戻された
クソ~と思ったが何か身体が浮かない、戻る時に下に引き込まれる感じだ。
2回のアタックで身体が震えてやめる。水は冷たい

震えながら高巻く。ここは低くトラバースで抜けられる。念のためロープ出す

sc005_201607252347390d6.jpg
sc006_20160725234735e57.jpg
後は釜持ちの小滝が出てくるが適当に直登や巻いていく。(基本難しい所には巻き道有りました)
意外とゴーロの河原が多くて、下りで使いたくないなぁとか考えながら登る。

sc007_20160725234659aad.jpg
Co450辺りから草藪が被り、うっとうしくなってくる。最後の詰めでCo720~730の枯れたルンゼを何故詰めないのか気になっていたが上部の藪が気になり止めた。

sc008_2016072523460761d.jpg
結局Co910位で左に入る。1000位まで沢形はつづく

sc009_20160725234607e8c.jpg
竹藪を漕いで行くとハイマツになり前方に山頂が見えた。

sc011_2016072523494235a.jpg
sc010_20160725234826952.jpg
sc012_20160725234824640.jpg
珊内岳の三角点を踏む。展望が良かった。
さて、問題の下りだが出来れば珊内川のゴーロを避けたかったものの、スサノ沢までの下降路を見てみると、とても行きたくない感じで珊内川に南西面から降りることにした。

下降路に選択した南西面沢はCo1000位で沢形が出てきて竹藪のトンネルになっているがCo630位まで水が無く歩き易かった。
水が出てからは草藪がうっとうしい沢です。滝が無いので下降路と割り切れば早いと思います?

sc013_20160725235101ad2.jpg
Co450位で本流と出合い、余裕だなぁと一休みする。
気が緩み再スタート直後に大岩の処理で藪懸垂した時に着地点の岩(草が被っていた)の目測を誤り、やってしまった。
身体は宙に浮き半回転して右太ももから岩に直撃した。
しばらく休んだもののビッコを引きながら下降した。
ペンギン?のようにペタペタ歩き例のゴルジュは中を行く。やはり水圧が強く突破は出来ないなあと思った。

巻いたり水の中を行ったり標高を下げてようやくスサノ沢出合いに着いた。

sc014_201607252352369bb.jpg
スサノ沢出合いで登りで測量の杭を見たので恐らく刈分けが有るかなあと思ったら有った。
藪漕ぎ無しで林道に上がる。

sc015_201607252351169ea.jpg
そのままスタスタ林道を戻る。

珊内川は特に難しい所は無いが、ゴーロが多く草藪が被り余りスッキリしない沢だなぁという印象です。
下降路はスサノ沢が早そうですが日帰りだと一番暑い昼頃に藪を漕がなくてはならず、全く行く気になりませんでした。
やはり本流下降でしょう?
珊内川は日帰りで問題ない沢だと思います?

珊内

登り6時間 下り4時間30位







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: