1823峰 無名沢南面直登沢 ②

SC027_201509271905531a3.jpg

二日目 不安はあるが とにかく一つずつ、いつも通りに滝を処理した
ミスは許されない。
SC000_20150927184250217.jpg

翌日、ちょっと モタモタして6時30出発 そんなに寒くなかった。
昨日 下見した2段の滝は右から高巻き懸垂で降りる

SC001_201509271843087b3.jpg

その上のチョクストーンは見た目より面倒で右岸 CSの左を抜ける

SC002_20150927184313cc6.jpg
SC003_20150927184304031.jpg

20mの滝は直登せず左より高巻く。一段上がり懸垂で降りられそうだったが、もう一段上がり、次の滝もまとめて高巻きルンゼをそのまま降りた。

SC004_2015092718511091e.jpg
SC005_2015092718511446e.jpg

気になっていた右から落ちてくる滝は右岸を直登する。

SC006_20150927184359bd6.jpg

この15m滝は左岸を直登する

SC007_201509271844109a7.jpg

この滝は小巻き(側壁を登りトラバース)したと思う?
今回の作戦はなるべくシャワーを浴びての直登は避け、巻ける所は巻いた。

SC008_20150927185209434.jpg

この滝も見た目以上に難しくA0で右岸をへつって抜けた。が、途中でキャメを釜に落として回収不能になってしまった。
まだ先は長いのにプロテクションを一つ失う

SC009_20150927185210c7d.jpg
SC010_20150927185207d01.jpg

狭い函状を右に左に曲がり 難しく微妙な滝が連続する。

SC011_20150927185214ddc.jpg

そして もう一つ気になっていた薄っぺらな雪渓の先に ついにビンの底が現れた

雪渓は下をくぐれそうだったのだが その先に小滝が有るので念のため上を行く。

SC012_20150927185400389.jpg
SC013_201509271854297a2.jpg

見た目は傾斜も緩くそんなに悪そうでもなく、空身、フリーで左岸を行く しかし上部がスラブ状で高さも有るので、アンカーを取りロープ登攀に切り替え登る。 登り終えザックを回収するまで時間は掛ったがホッとした。

SC014_20150927185434a99.jpg
SC015_20150927185433d2d.jpg
SC016_2015092719042858d.jpg

さらに難しい滝はつづき 全く休めない。コイカクの稜線から見えたナメ滝が出てきた。ここは右岸を登った

SC017_20150927190420216.jpg

振り返るとコイカク頭からの稜線が見える

SC018_2015092719042908a.jpg
cs118.jpg

SC019_20150927190421e6f.jpg

やっかいなチョクストーン滝が何個かつづき

SC020_201509271905049e1.jpg

1839峰を振り返る

SC021_201509271905209d6.jpg

もう一つの核心 Co1310二股を右に進む。

SC023_201509271905230fc.jpg

小滝を何個か越えて行くとシャワーで直登しなければ進めない滝が出てきた。 この上がCS滝(通過していたのか?)と勘違いしていたが、どうやらこの滝が核心滝だったようだ?

ここはちょっと戻って左より高巻いた。 最後と解っていたら直登に挑戦しても良かったとブログを書きながら思った。

SC024_2015092719061475a.jpg

高巻いて行くとナメ滝の途中に出たがそのまま上まで巻いた。

SC025_20150927190611a96.jpg
SC026_201509271906107ab.jpg

ついに核心を抜けた。

SC028_20150927190645820.jpg
SC029_201509271907008a9.jpg

最後の滝を抜け

SC030_20150927190703687.jpg

源頭を進みハイマツを漕いで稜線に抜けた。

SC031_20150927190641d2f.jpg

15時30頃 1823峰 山頂に着く。  満足感、達成感より無事山頂に立てたことが一番の喜びでした

SC032_20150927190731762.jpg
SC033_20150927190733e04.jpg

16時45 この日はヨロヨロと1643P手前のコルまで降りて幕としました。

三日目 6時30 C2発~12時30札内川ヒュッテ着

1823峰 ナナシ南面は難しく微妙な滝が連続する沢でした。 自分の力を全て出し、ようやく山頂に立てましたが、ソロの限界を感じ 考えさせられる山行でもありました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

デブ猫さん はじめまして。
カムはX4の3番だったかな?です。

私のかもしれませんが?
あれから1年経っているので傷みも有ると思いますので、処分してください。
荷物になるのに、わざわざ運んで頂きありがとうございます。

23南面行かれたのですね。今年はアプローチが長くて大変ですね

拾いました

先日、遡行した際にco822付近でカムを拾いました。

もしかしたらと思いコメントしました。

単独遡行凄すぎです!!

No title

ありがとうございます。
これも諸先輩の指導とアドバイスの賜物と思います。
私もまだまだ終わりたくないので 次の目標に向かって頑張りたいと思います。e-346

やりましたね!

やりましたね!!!* おめでとうございます。
プレッシャーの大きな遡行を単独で成し遂げられ、感動しました大拍手です。
さらに情熱を燃やされて、ご自身の目標に向かって行ってください。
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: