1823峰 無名沢南面直登沢 ①

SC000_20150925205952d30.jpg

1823峰への思いは強く、遡ると私が所属していた山岳会の前身 日鋼室蘭山岳部の部報を見て目に留まったのが 須築川と1823ナナシ南面だった。
須築は既に登ったので次に登りたかったのがナナシ南面だったのだがパートナーに恵まれずノビノビになっていた。
昨年 1839ナナシ北面に行ったのも下見を兼ねていました。
年が明けて膝の故障と体力の低下、今年を逃したら もう行けないのではという焦りも有り、ソロでの決行となりました。
まさか !!!*をソロで行くことになるとは思いもしませんでした
SC001_2015092521000875f.jpg

昨年 登った1839北面直登沢を見ながら コイカクよりナナシの底へ向かって下降沢を降りて行く。
2回目なのでちょっとルートを変えてみた所、前回より良かった。

SC002_20150925210017dd4.jpg
SC003_2015092521001498d.jpg

と いっても源頭で降りやすかった位で、その下は前回と同じなので時間が掛かった。
ナメ滝やガレが多いです。

SC004_20150925210158d15.jpg
SC005_201509252102035f0.jpg

ナナシ本流の出合いは滝となっているが 巻いて降りられる。

SC006_20150925210209209.jpg

南面直登沢出合いまでは函状の所も有るが全く問題なし。
途中 左岸に何か所かテン場に使えそうな所が有った。

SC007_201509252102139a3.jpg
SC008_2015092521033677a.jpg

南面直登沢出合いについてみたが 河原に良さそうなテンバは無く、時間も早いので先に進むことにした。

出合からは小滝、ナメ床と午後の日差しが射しこみ綺麗で険悪な感じは全くなく驚いた。

SC009_201509252103592e5.jpg
SC010_20150925210356c63.jpg
SC011_201509252103515cf.jpg

テンバを探しながら結局 Co800位にツェルトを張る。 ここは広くてとても良い感じでした

SC012_201509252105298eb.jpg

時間が早かったので2段の滝を見に行くことにした。  Co822付近は物凄い流木が溜まっていた。
進むのは狭く立っている右股で ここから核心が始まる。

SC013_2015092521052961b.jpg

一段目は左岸側壁よりトラバースして抜ける。

SC014_2015092521052737b.jpg

2段目は右岸はシャワーを浴びないと登れそうもなく、左岸も感じ悪い。
ここで 右より巻いて戻ることにした。

SC015_201509252105161f1.jpg

滝を登ってみて簡単には行かないなぁとの思いと、気になっていた雪渓が上からは見えなかったもののC822に残っていたのが少し気になった。

いよいよ明日が本番だ。必ず帰ることだけを考えてシュラフに入った

一日目 6時 札内川ヒュッテ発~9時40コイカク頭着~13時10下降沢出合い~13時30 1823南面直登沢出合い~14時30 Co800 C1

つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとうございますe-251
時間が経つと 思いがだんだんと変わってきてブログの内容もその時の気持ちを上手く表現するのが難しいですね。
無事 登れて嬉しいのは間違いありませんe-252

頑張れ!

頑張れ!
勝手に応援中です。
つづきを楽しみにしています。
白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: