裏沢2の沢

SC004_20150823185553345.jpg

下から入渓したのは何年ぶりだろう? 噂に聞いていたがガレガレに荒れていた。
SC000_2015082318554357c.jpg
SC001_201508231855483fb.jpg

川又温泉の駐車場に着くと 周りが伐採していて すっきりとしていた。 ゴミの不法投棄の看板を見て、こんな所まで来てゴミを
捨てないでほしいと思う。 ゲートを閉められると ゴミを捨てた人、以外の人が困る事になる。 

SC002_20150823185559806.jpg

伐採道を進んで行くと 以前はなかった看板が出てきた。以前はいったん川原に降りて左股に入ったのだが

SC003_20150823185557a55.jpg

鷲別岳方向に進み伐採道から直接 ナメ床に降りていける。 (前半の流木帯をかわせる)

SC005_20150823185645b65.jpg

いつもの小ゴルジュを過ぎていくと ガレガレの河原が続き ひどい状態だった。

SC006_20150823185658b27.jpg

2の沢はCo330 左岸から以前の2の沢出合が伏流になってチョロチョロと水が流れている。が、すぐ先でナメ滝となって出合いとなっている。

SC007_201508231856571db.jpg
SC008_20150823185700242.jpg
SC009_2015082318570074b.jpg
SC010_201508231857291cb.jpg

2の沢を進んで行くと 直ぐに小滝やナメ床が出てきて 良い感じです。 途中、支流を散策してみたが 目ぼしい物は無かった。

SC011_20150823185733645.jpg
SC012_20150823185738848.jpg

そして目的の滝に着く F1 2段の滝で30m位か?
今回は 前回の反省からシステムを見直し、練習に来た。  一段目はバンドを左から右へ

SC013_2015082318574029a.jpg

2段目も順層で登りやすく 練習するのにちょうど良い

SC014_2015082318574005d.jpg

ロープを出しアンカーを取り、ランニングを取りながら登り、懸垂支点を作り、懸垂で降りて来て、アンカーを外しまた登る。

2度登って 一度降りる。 手間が掛かり 難しい

SC015_2015082318580228c.jpg

滝の上は 余り記憶がない小滝がつづく

SC016_20150823185810a22.jpg

そして F2 6m位 ここは右岸をフリーで行く。 

SC017_201508231858129ca.jpg
SC018_20150823185810226.jpg

そしてF3 18m位? ここもロープを出し登る。 ヌルヌルは有るものの順層なので登りやすい。
室工大WVの物と思われる。残置がたくさん有った。

2の沢は小滝やナメ床多く、登攀練習もできる良い沢です。 ピークは無いものの3の沢や川又温泉に乗越すことも出来ます。
今回は2の沢を下降しました。

行動時間 6時間30位



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: