白老川右股の右沢

RIMG0065.jpg

今年も白老川で沢訓練してきました 
 支流沢にはまだ大量の雪渓が残っていました。が、楽しい一日でした


SC000_20150608181015f2f.jpg
SC001_20150608181026559.jpg

いつもの林道を歩いて右股の右沢に入渓する。 水量は少なく水も冷たく無い。

SC003_20150608181031945.jpg

しばらくナメ床を歩いて行くと F1が現れる。 2段の滝で 5M+5Mくらいか?

SC004_20150608181026e0f.jpg
SC005_2015060818105400b.jpg

2段目は水の中を登る

SC006_20150608181108c74.jpg

F2は5M+2Mくらい?

SC007_2015060818111412d.jpg

雪渓が現れ出す

SC008_20150608181113ff8.jpg

Co430で F3 20Mくらいの2段の滝が現れる。この滝は1段目の上に滝ツボがある。2段目から飛び込むと面白そうだ?

SC009_20150608181114c1b.jpg

2段目は左から巻いて途中から右岸を登る。 今回はこの滝までで 後は支流沢を探検した

この上にはF4 、F5(枯滝)とあり 源頭が近くなると藪が被ってくるので快適に遡行は出来ないが源頭より左股沢に乗越しても良い。
SC010_20150608181139f0e.jpg
SC011_201506081811414e9.jpg
SC012_20150608181144f61.jpg

支流沢に入ると雪渓で沢は埋まっていた。が、 12~3Mの滝が有った。 登れそうだが 脆いのでどうだろうか?

SC013_20150608181151f4f.jpg

ここで高巻訓練と懸垂下降をする事にしました。 訓練というか本チャンです。 私は楽しいのですが・・・

SC014_20150608181152845.jpg

SC015_20150608181211ff0.jpg
SC016_20150608181214bac.jpg

下りは 白いナメに癒されながら下降しました

林道にあがり 無事終了 と思ったら 「ない」の声が どうやらストックを落としたようです。
ブラックダイヤモンドの青いストック 見かけましたらご一報ください

ストックは無事回収しました。 お騒がせしました

白老川



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: