1839峰 無名沢北面直登沢 ②

SC037.jpg

1839峰と夕日
SC000_201409291932374af.jpg

夜中は寒く、日の出ともにまずは焚火に火をつけ暖を取る。
函の中のテラスなので入渓した途端 水に突入しなければならず気温が上がるのを待つ。
7時頃出発する。 函はへつって通過できた

SC001_201409291932413ed.jpg

函を抜けると直ぐに大岩が見えて北面直登沢出合いだ。 出合いは やはり良いテンバは無くてテラスに泊まって良かった

SC002_20140929193247972.jpg

最初の滝は良く見ていないが左より高巻き懸垂で降りる。

SC003_20140929193245c84.jpg
SC004_201409291932475c8.jpg
次の滝は左岸を登る

SC005_20140929193302f1a.jpg

SC006_201409291933133c0.jpg
SC007_20140929193312960.jpg
SC008_201409291933108c0.jpg

その後も大きな滝が連続するが直登と小巻で行く

SC009_20140929193314a01.jpg
この滝が一番難しく思った。

SC010_20140929193333204.jpg

左岸を登るが中段にあがるまでがちょっと難しく、抜け口は側壁がガッチリ効くのでそんなに気にならなかった。

SC011_201409291933386d7.jpg
SC012_20140929193339a2c.jpg

この滝は右から簡単に巻けそうだったが右岸の水の中を行く中段でヌメリが気になり一度左から巻き沢身に戻る
SC013_20140929193341882.jpg

SC014_2014092919334224d.jpg
SC015_20140929193354cee.jpg
SC016_20140929193404dac.jpg

でかい滝がいつまでも続くが行ける所は直登していく

SC017_201409291934033e2.jpg

振り替えると1823峰が・・・

SC018_201409291934034c1.jpg
SC019_201409291934057ad.jpg

SC020_20140929193457233.jpg

Co1100二股は左股の予定だったが正面の滝が気になりそのまま右股に進む (正面は支流の滝)

SC021_20140929193504e8e.jpg

左にがくっと曲がるとその先に岩壁に囲まれた樋状の滝が落ちている。直登不能で大高巻きで懸垂で降りても
その先が函状に見えたので 遡行可能かどうかわからない?

SC022_20140929193507a2d.jpg
ここから予定通り左股の大滝を高巻ながら左股に戻る。

SC023_20140929193506b63.jpg
SC024_201409291935096f0.jpg

適当な所で沢に戻り直登していく

SC025.jpg

ここを登りきると日が射し 山頂が見えた

SC026.jpg

しかしまだ でかい滝が出てくる

SC027.jpg
SC028.jpg
SC029.jpg
SC030.jpg
SC031.jpg

ようやく水量が減り源頭様相になる。
ここの二股を右に行くと予定していた肩に出るがもう一本先の右股を進む。
途中で気づいていたがコルに出ればいいやと思い進む。結果 ハイマツを15分位漕ぎ稜線に抜ける。
上から見てみるとたぶん肩に出ていたらハイマツ漕ぎは無いように見えた。

SC032.jpg

稜線で二人組のパーティーに会う。 装備をデポしてサブザックで山頂に向かうが軽くていっきに山頂に着く

SC033.jpg

1839峰 初登頂だった。景色も良く 深く切れ込んだ沢が気になり眺めていた


SC034.jpg

景色も良くこの日はヤオロ下のテンバでのんびりすることにした。

SC035.jpg

1839峰が正面に見えて良い場所だ

SC036.jpg

夕方からずっとブロッケンが見えて面白かった。
夜中は昨夜より寒く 朝、霜が降りていた。 ツェルトの内側はバリバリになった

二日目 Co775 C1より山頂まで5時間位

1839峰よりヤオロまで2時間ちょいC2、 

三日目 ヤオロからコイカク1時間30くらい、コイカクからサツナイヒュッテまで3時間

1839峰 北面直登沢はヌメリが有り 簡単ではなかったものの直登できる滝が多く楽しめました ありがとう

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとうございます。 楽しんできました

>今年の価値ある遡行の一本だったのでは?と思っています。
そうですね。今年はなかなか日程と天候が合わず、今回はそれなりにやり応えが有り楽しめそうなのを選びました。

1839峰 良い山ですね。ヤオロのテンバは良かったです


価値ある一本

ごくろうさま

楽しまれた様ですね!!
今年の価値ある遡行の一本だったのでは?と思っています。
一途にひたむきに沢に向かう、熱心さに拍手です。
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: