FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷藤川東山Cルンゼ右・ マイナールンゼ



マイナールンゼは思ったほどの物は無かったがCルンゼ右の稜線下の岩稜帯がもの凄く悪く、気持ち悪かった
sc000_201806101630297c1.jpg
sc001_20180610163030e50.jpg

Cルンゼ右は綺麗に岩盤帯が続いていたのに大雨で削られガレでほとんど埋まっていた。
70%ガレ歩き。

sc002_201806101630320fc.jpg
sc003_2018061016303321e.jpg

ようやくガレが終わりルンゼを詰めていく。が、岩は抜けるし信用できず滝を一つ巻く。

sc004_2018061016303560f.jpg

巻いて戻ったらもう終わりだった。最後、岩稜帯を詰めるのだが、ここが核心でした

sc005_20180610163100c95.jpg
sc006_201806101631029b4.jpg
sc007_201806101631038ed.jpg

風化した砂岩質で砂は乗っているわ、ボロボロだわ、抜けるはで気持ち悪かった。おまけに結構立っているし

sc008_20180610163105144.jpg

稜線より天狗岩(真ん中のポツンと出ている岩)を望む

sc009_20180610163106f9f.jpg

下りはCルンゼを下る予定だったがガレがあまりに酷いのでDルンゼを降りる。こちらの方がまだマシ
左岸、右岸の草付きを降りる

sc017_20180610163152d95.jpg

帰りにマイナールンゼに寄ってみる。

sc011_20180610163123bed.jpg
sc012_20180610163125d1e.jpg
sc013_20180610163126533.jpg

苔むしている。たいした難しいものも無く登っていく。

sc014_20180610163128f44.jpg

土砂崩れを左に折れると

sc015_201806101632020b8.jpg
sc016_20180610163150eac.jpg

二股になっていて苔むしたツルツルのルンゼを詰めると最後は岩壁に出る。
面倒くさいので ここから戻る。クライムダウンと高巻きで降りた。

これで全て遡行?したのだが どこも脆いし悪いしヌメル。
沢の練習に使いたいようなものは無かった。が、どうしようかな(笑) Bルンゼは前回雪で埋まっていたのでまた行ってみようと思う?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。