FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯広岳


二日目は帯広岳へ行く。夏道はなく沢からも登る気がしなく冬しかないなぁと思い立った
前日よりモサモサと雪が降り積もった。
sc001_201802191948532b6.jpg

道路脇を少し除雪して車を停めてスタートする。
美生川支流も台風の氾濫で橋はなく深くえぐれている。水は流れていないので適当な所から渡り二股の中間尾根の林道跡を進む。

sc002_20180219194854dbf.jpg

林道跡~伐採道と進むと迷うことはないだろう?

sc003_2018021919485599d.jpg

帯広岳登山口を過ぎて進んで行くと広い土場跡?に出る。

sc004_201802191949086fb.jpg

さらに伐採道~左の沢のスノーブリッジを渡り右岸を進み予定していた尾根に取り付く。
疎林で登りやすい尾根だ。 Co800のコル付近にはオープンバーンが広がっていた。

sc005_201802191949105a8.jpg

稜線の広い尾根を進むが今季一番のラッセルでペースが落ちて全く進まない(。´・(ェ)・)

sc006_201802191949119f7.jpg

膝下くらいだった雪も膝上になり重く吹きだまっている。連続して足を前に出せない登りがずっと続いた。
振り返ると全然進んでなく・・・・ちょっと進んで振り返り休んでの繰り返しで消耗した。

sc007_20180219194913eab.jpg

それでも帰るわけもなく根性でラッセルする。
ようやく帯広岳に着く。展望は見えなかったが、なんだか嬉しい山頂だった

sc008_20180219194923017.jpg
sc009_2018021919492565f.jpg
sc010_2018021919492645d.jpg

下りはCo800までは抵抗が有る雪なのでほとんど直滑降だった。ターンをすると失速した。
Co800からの尾根は雪も良く楽しめた。林道はスキーが滑らずトコトコ戻る。

帯広岳北西尾根?はスキー登山向きのルートでした。

帯広岳

登り 4時間30 下り 1時間
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。