FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷藤川東山Aルンゼ~中の峯~Cルンゼ右股下降  



伊達の東山ルンゼに行ってみた。「東山ルンゼ」とは昔からの通称名で東山(点名)とは現在の伊達紋別岳のことです。
現在は四等三角点の中の峯が有るので「中の峯ルンゼ」の方が解りやすいと思います。
sc022_20171113203154922.jpg

今回はAルンゼを登りCルンゼ右股を降りた。 以前に来たときはDルンゼを降りたことが解った。

sc000_20171113202939ab3.jpg
sc001_201711132029418c1.jpg
sc002_20171113202941b19.jpg

林道は今年の台風18号の影響で通れません。谷藤川橋より歩く

sc003_20171113202943421.jpg

天狗岩への尾根も大きく崩れて岩盤が剥き出しになっていた。

sc004_20171113202944597.jpg

Aルンゼ出合いも荒れている

sc005_201711132030588e6.jpg
sc006_2017111320310049c.jpg
sc007_2017111320310059a.jpg
sc008_20171113203101dec.jpg

両岸は狭く立ち植生が無いので巻くことも困難だ

sc009_201711132031034f0.jpg

3メートル位の小滝が難しく小さく巻いたりして進む

sc010_20171113203115056.jpg

ここは二股だが正面からも水が流れていた。左は階段状で問題ないが山頂方向の右股を進む。

sc011_20171113203117474.jpg

被っていて結構悪く無理せず巻く

sc012_201711132031188f5.jpg

このツルツル滝12~3m位がフリクションで登れそうだが迷った。巻くことも出来ず直登しかないなと5m位登ったがなんか嫌な感じ? 登ったら逃げることも出来ないし無理せずクライムダウンで戻るが当然降りる方が難しい。
最後のムーブが足が届かず滑って落ちた。左ひじをぶつけた位で大きなケガも無く良かった。(〃▽〃)

sc013_20171113203120eb6.jpg

少し降りてトラバースして左股を進んで尾根に取り付いた。

sc014_20171113203121e50.jpg
sc015_20171113203133da4.jpg
sc016_20171113203135a52.jpg

中の峯(伊達紋別岳7合目)までは鹿道があり楽な藪漕ぎだった

sc017_201711132031365be.jpg

登山者が次々来るので早々に下山する。

sc018_201711132031385da.jpg
sc019_20171113203149a1e.jpg
sc020_20171113203150262.jpg

下ったCルンゼは登りで使えば面白そうな感じがした。

行動時間3時間30くらい (林道含む)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。