裏沢ゴミ沢左股



しばらくぶりに原点とも言える裏沢へ行ってきた。
夏道を登り左股を下降してゴーロへ ゴーロからゴミ沢を登り山頂へ そして夏道を下山する。
半日コースです。
sc000_20170904204947247.jpg
sc001_2017090420494969c.jpg
sc002_20170904204950245.jpg

しばらくぶりの裏沢は雨がたいした降っていないので渇水してほとんど水が流れていなかった
ツルツルのナメ滝をフリクションで登っていく。 まだ緩い

sc003_20170904210032fd5.jpg

この階段状の15m位の滝からが本番だが岩が乾いて問題なく真ん中を直登する。いつもだとヌルヌルで気持ち悪い。

sc004_20170904204951f55.jpg
ゴミの門はまだ一度も登っていない。今回もダメかなと思ったが左岸から登り滝の上まで行ったが、どうにもトラバースして戻れない。あと一手何かあれば抜けられるのだがズルズルで落ちそうだった。
仕方が無く諦めてクライムダウンでズルズルと降りる。(-∀-) いつものように左から巻く。

sc005_201709042050043aa.jpg

ゴミの門の上に降りてもツルツルで登れそうになく、また巻く。

sc006_20170904205006eaf.jpg

S字ルンゼ手前で呼吸を整え一気に抜ける。しかしここのS字の取り付きが磨かれてさらにツルツルになっていて一番難しかった。
取り付きから少し登ると細かいホールドを拾える。

sc007_20170904205007fa3.jpg

ちょっと土砂が溜まっていた階段を抜けて最後はクラックに手、足を突っ込んで核心を抜ける。
その上もしばらくツルツルのルンゼを楽しめる。

ルート的には短いのでさらに中股に降りて中央を登るとちょうど良いかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: