FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンヤオロマップ岳南西面直登沢~ペンケヤオロマップ川(小函の沢)下降 ②



大滝落ち口より大絶壁を望む。

sc016_20171220200942aac.jpg

二日目は河原を少し歩き魚留の滝を左から高巻く。 直登は出来ないだろう?

sc000_20171220200845ea2.jpg
sc001_2017122020084620e.jpg

ゴルジュは巻かずに中を行く。まだまだ余裕です(笑)

sc002_2017122020084897c.jpg
sc003_20171220200849db5.jpg
sc017_2017122020094389f.jpg
sc018_201712202009455b7.jpg

へつったり中を行ったり進む。

sc004_2017122020085166d.jpg

明るく綺麗で釜、滝が連続するv(o゚∀゚o)v

sc005_201712202009010d0.jpg
sc006_20171220200902d14.jpg
sc007_20171220200904660.jpg
sc009_20171220200907dd0.jpg
sc010_20171220200921b86.jpg

70m?大滝は フリーで登り最後左岸をロープ出し1P登り、上部は巻いた。

sc019_20171220200946355.jpg
sc012_20171220200924fdb.jpg
sc020_20171220200959f02.jpg

大滝を過ぎてもデカイ滝が連続して出てくる。

sc013_20171220200925fdb.jpg

Co960 三股?はどう考えても右股(直進)だろう。大ハングの滝は避けても良かったのだが、結局、山頂方向に近いルートを選択する。と、ガスの中から巨大な滝が見えたΣ(´Д`lll)エエ!!

直登するには空身でないと登れそうにないし面倒だ。巻くのはさらに大変そうだ?
ふと右岸側壁に右上するバンドが見えロープを出し登る。
一箇所ツルツルの壁が有るがそんなに悪くもなく良いルートだった。
この滝は南西面直登沢で一番登り応えが有り楽しいので是非とも登ってほしい。

sc021_201712202010003b5.jpg

源頭からは藪漕ぎなしで山頂に出る。思ったより楽でした。

sc022_20171220201003586.jpg
sc014_20171220200927224.jpg

三日目は夏尾根を途中まで降りて1058Pより小函の沢に降りる。夏尾根もたいした藪ではなくて歩き易かった。

P8211249.jpg

ペンケヤオロマップ川出合いまではほとんど川砂利と土砂で埋まっていてとても歩きやすく早かった。

sc023_20171220201004da5.jpg
sc024_20171220201005ec6.jpg

sc015_201712202009408e4.jpg

小函の沢も一部 伏流して土砂と砂利で埋まっていた。が、陽が射し水がキラキラと光り綺麗な沢だった。

ポンヤオロマップは快適で綺麗で歩きやすく滝やゴルジユも楽しめる私好みの沢でした

行動時間 一日目 5時間30位、二日目 8時間30位、三日目 5時間30位
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。