岳の沢~乙部岳

sc001_20170627194352c23.jpg

岳の沢は思ったより滝が多く良い沢でした。ツルツルとヌメリには参りました
sc000_20170627194350b46.jpg

清水川左岸林道は造材作業をしているようで状態も良く佐太郎沢を過ぎた土場まで入れました。
入渓点までは30分くらい林道を歩く。
清水沢に入渓すると白い岩盤の滑床がつづく

sc016_20170627194451471.jpg
sc002_201706271943526b1.jpg

Co350二股までは函状で簡単な釜滝が多く楽しめます。
これで終わりかと思ったら違いました

sc003_20170627194354214.jpg
sc004_20170627194356a9e.jpg
sc005_20170627194411602.jpg

右股を進むと2段の滝 20m位が出て来てここから核心が始まります。
一段目はフリーで直登して

sc006_20170627194413157.jpg
sc007_2017062719441567d.jpg
sc008_20170627194415114.jpg

2段目が見た目以上に難しい。途中からザックをデポして空身で行く
抜けは脆いしヌメルしピンも取れず、気合で抜ける。

sc009_20170627194417e42.jpg
sc010_20170627194432a41.jpg
sc011_20170627194435491.jpg
sc012_201706271944352e5.jpg

二段の滝の先の二股を右に進むと、ナメ滝が連続で出てくる。
ヌメリ系のナメ滝はたちが悪い。 両岸が立っているので巻きもめんどくさそうで直登していく。

sc013_20170627194437fc4.jpg

この滝は結局 巻いた。 やはり岩盤と泥壁の巻きだった

sc014_20170627194439862.jpg
sc015_201706271944503fc.jpg

 いくつ滝が有ったが覚えていないが時間が掛かった。

sc017_201706271944544b9.jpg

源頭からの詰めは薄いところを適当に詰めれば夏道に出るだろう。
崩壊斜面を絡めればわりと藪を漕がずに抜けれた。

sc018_20170627194505782.jpg

山頂からの展望見れず 早々に下山する。

sc019_201706271945065f3.jpg
sc020_20170627194508c56.jpg

下りは尾根コースを降りた。登り返しが苦痛だが早い。

沢から乙部岳のピークを狙うにはおすすめのルートですが簡単でも無く時間も掛かる。
夏道に降りると早いが車を回すのも遠いです。

乙部岳

登り7時間30くらい 下り2時間掛からない
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: