寿都天狗山 金が沢川~潮路川左股沢下降



金が沢も潮路川もヌメリが多く快適な遡行は出来ないものの、ピークハントなら金が沢が一番です。
藪漕ぎはほぼ無いです。
オショロの左は思った通りの狭いゴルジユが永遠と続きます。泳ぐほど難しいものは無いもののナメ滝や釜滝が多い。

sc001_20170530205256a11.jpg
sc002_2017053020525763f.jpg
sc003_20170530205259335.jpg

北作開から林道を歩いて金が沢へ入渓する。ここは西と北が寿都町でその間に黒松内町が有る不思議な場所です?

昔の鉱山跡が綺麗に残っていました。

P5280178.jpg
sc004_20170530205301103.jpg

入渓すると函状となりF1 2段の滝が出てくるが左岸~右岸に抜ける。

sc005_20170530205302183.jpg
sc006_2017053020531302d.jpg
sc007_20170530205314cf5.jpg

F2、F3とポツポツ出てくるが全体的にヌメる川原歩きで嫌になってくる。

sc008_20170530205315c84.jpg
sc009_2017053020531777e.jpg

天狗山出合いには大量のデブリが溜まっていた。
少し進むとチョクストーンの滝が出て来て左から高巻く。

sc010_20170530205318cb8.jpg
sc011_201705302053302f8.jpg

その後 ナメ床やナメ滝が出て来て源頭となる。源頭からは雪崩崩壊斜面で笹や灌木に摑まって登る。
急だが藪漕ぎ無しで稜線に抜ける。
稜線からハイマツを少し漕ぎ山頂に至る。

sc012_2017053020533718d.jpg
sc013_2017053020533477b.jpg
sc015_20170530205349acf.jpg
sc014_20170530205349eb5.jpg
sc016_20170530205351ea5.jpg

朝から降っている雨は止まず 雪渓とドロドロの潮路川左股を下降する。

潮路川左股の源頭は物凄い竹藪で登りでは使えないだろう?下は狭い函状がずっと続きます。ヌメリと泥で滑りまくりでした。
お勧めしません

下降路としてはオショロの右股が藪沢ですが水が流れていなくて早いです。

寿都

登り4時間30くらい、下り5時間くらい

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: