エチナンゲップ山~ピウ岳 新冠町

P5040155.jpg
P5040159.jpg

エチナンゲップとピウ岳を沢で繋ぎ一巡してきた。
ピウ岳は展望が良い山でした。
sc000_2017051420064399b.jpg

里平林道はゲート先の橋を渡った所で林道が崩壊していて車は入れませんでした。
橋より林道を歩きエチナンゲップ北西面沢に入渓する。

沢は出合いより川原歩きで何もなく伏流となる。Co410二股より岩盤となり小滝が出てくる。

sc001_201705142006457ab.jpg

Co460二股でどちらに行くか迷ったが右股は雪渓に埋まっていたので左股を進む。
前方に黒光りする滝が見え行ってみると 5m位の滝で左岸に取り付くがヌメリ有り、思ったより悪く中央にトラバースして抜ける。
唯一、楽しかった滝です

sc002_201705142006450b3.jpg

あとは岩盤を詰めて行くと急斜面となり藪漕ぎ無しで山頂に着く。 702P

sc003_20170514200647c42.jpg

コルに降りると林道跡が有り熊の巨大な足跡にびっくり

sc004_20170514200648887.jpg

稜線を登っていくと隣の780峰のとんがり山が有る。 こちらの方がエチナンゲップのピークにふさわしいと思う。

sc005_2017051420070585a.jpg

次に予定しているピウ岳南西面沢はほとんど雪渓に埋まっていて沢登りではなく雪渓登りになってしまうので止めようかと思ったが、せっかくなので行くことにする。

sc006_20170514200707d5b.jpg

伐採林道跡を辿り沢に降りようと思ったのだが途中でがけ崩れで林道が無く適当に降りていく。

sc007_2017051420070807b.jpg

するとちょうど二股の滝の上に降りてしまった。この滝はエチナンゲップ東面沢で最大の滝だと思う。20m以上有る。
巻いて降りる

sc008_2017051420071047a.jpg

先ほどの崩壊斜面を下から見る

sc009_20170514200711e1c.jpg

比宇川に降りると広い河原で砂防ダムがいくつか有った。 砂防ダムのコンクリートが水の力で崩れて滝になっていた。

sc010_20170514200730fac.jpg

ピウ南西面を進んで行くとこの滝が多少遊べます。ここは左岸から水流を横切り右岸に抜けました。

sc011_20170514200732444.jpg
sc012_20170514200734ae9.jpg
sc013_20170514200735338.jpg
sc014_20170514200752802.jpg

あとはほとんど雪渓に埋まっていて特になしです。

sc015_20170514200754884.jpg
sc016_201705142007554b2.jpg
sc017_20170514200756f48.jpg

唯一 山頂からの展望を見て来て良かったと思いました

下りは北西面を下り里平川に戻りました。

ピウ

行動時間8時間くらい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: