豊糠~ヌカンライ岳



一日目の林道ベタ雪ラッセルでペース上がらず、幌尻も狙っていたが全く届かなくヌカンライより下山する。 

3月10~11日
bc000_201703191130406a5.jpg
bc001_201703191130425b5.jpg

夏に行くか冬に行くか迷っていた山、 ヌカンライ岳へ行ってきました。
いつでも行ける山とのんきにしていた所、豊糠の林道ゲートが閉められシャトルバスでしか通れなくなってしまい遠い山になってしまいました。
冬に行く計画は3~4年前から考えていましたが実行せず、伸び伸びでした。
今回はヌカンライ岳~幌尻岳の2泊3日の予定でした。

林道ゲートまでは途中まで除雪されていてその先はワダチとなっていた。普通車でも入れそうだった。が、除雪最終地点
よりスタートする。
少し歩くとオソウシ山か゛見えた。

bc003_2017031911304564f.jpg

第一ゲートを通過して10キロ位進んだ頃からベタ雪となりスキーと金具の裏に雪が付き難儀した

bc004_2017031911304545f.jpg

第二ゲートを通過する頃には、かなり疲れていた。
ワックスを塗っても直ぐにまた雪が付いてしまった。

bc005_201703191131119f4.jpg

林道はやや登りとなり狭く両岸は立ってくる。この辺りからデブリが凄い溜まっていた。

bc006_2017031911311387d.jpg

この日はヌカンライの稜線まで行きたかったが、林道でかなり消耗し15時過ぎ二ノ沢出合いで行動停止してイグルーを作ろうとしたが新雪の下が粉々のザラメ雪でブロックが切り出せず諦めた。雪洞を掘る雪も無く、橋の下にツェルトを張り泊まった。
テントサイトの直ぐ横が沢なので水作りをしなくてよく良かった。

軽量化で3シーズンシュラフで来たが夜中は寒くあまり寝れなかった。

一日目 行動時間 約9時間 距離22キロくらい

bc007_20170319113113839.jpg
bc008_20170319113115a31.jpg

翌日 アタック装備で往復することにし出来れば今日中に下山する事を決めた。
2の沢の右岸に取り付く。 何処も急斜面で膝から腿のラッセルで苦労する。
新雪の下のザラメが崩れてその下の笹が出てくる。 シートラに切り替えることも出来ず尾根にでるまでかなり時間が掛かった。

bc009_2017031911311604a.jpg

細く木が混んだ尾根を進んで行くと 後方に戸蔦別岳が見えてきた

bc010_2017031911315812c.jpg

幌尻岳と予定していた稜線も見えた。 今回は時間的にも装備的にも幌尻岳には届かなかった事が解る。

bc011_2017031911320052f.jpg

等高線以上に急に感じた斜面と膝ラッセルに苦労しながらようやくヌカンライの稜線に出た。
前方には岩峰が黒黒と見えていた。

bc012.jpg
bc013.jpg

岩峰や岩は何か所か有るが巻いて通過した。

bc014.jpg

幌尻とのジャンクションを過ぎ ようやくヌカンライ岳が見えてきた

bc015.jpg
bc016.jpg

ヌカンライ岳は幌尻の展望台で景色は良いです

bc017.jpg

下りはよくこんな所登ったなぁと思いながら スキーで滑り落ちた(笑)

bc018.jpg

テン場に戻り パッキングと水つくりをして15時ころ林道を歩く。
翌日のベタ雪を避けて冷えてくる夜に歩くことにした。雪も締まっているし下りになるから20時台には着けるかななどと
甘い考えだった。

bc020.jpg

帰りも一段と溜まっていたデブリ地帯を通過していく

bc021.jpg

やがて陽は落ちて

bc022.jpg

月明りの中を星を見ながら歩いた。

帰りも長くて苦痛の林道歩きだった。寿都似山の長ーい尾根を見ていると精神的にやられた(笑) (ストニの終わりが林道ゲートのため)
林道ゲートに着くとテントが張られ中から声が聞こえたが疲れから そのまま通過した。
後で気づいたがルパンも居たようだ?
22時 ようやく車に着いた。コンビニでご飯を食べても疲れからか気持ち悪くて余り食べられなかった。

二日目 二ノ沢出合いC1~ヌカンライ岳 6時間30位、 ヌカンライ~C1 1時間20位、 C1~駐車地点まで 7時間

ヌカンライ3
ヌカンライ2

二日間の総距離 51キロ 苦痛の林道歩きでおススメしません
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

白老川
プロフィール

同人赤鬼沢 

Author:同人赤鬼沢 
2013年発足した沢登りと山スキー、テレマークスキーなどの活動をする同人赤鬼沢です。 
赤鬼は登別温泉のシンボルです!!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
red ogre stream
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

〖ブ~子山の会〗の山記録

Hatenuma
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: